Suceava bus terminal

http://tatsumarutimes.com/archives/5574
英語が出来れば北欧留学が安いかも。
ヨーロッパは留学ビザの申請を日本でやらないといけない国が多いらしいけれど。
http://boundtobound.net/europe/spain-lina/
スペインも滞在して見て悪く無いな、と思った。

ルーマニアのSuceava bus terminalでのポスター。Kievからのイスラエル行も安いけど暖かい時期はギリシャからもイスラエル行きAirplaneが安くなることを発見した。 WordPressの編集ソフトが携帯電話内で容量を食い過ぎていて、上手く起動しなくなったらソフトウェアの要らない旧ブログrieconomics.blogspot.comに戻るかもです。

BusでSuceavaのTasaBusTerminalからBucharestのOborBusTerminal迄20€。列車代90.8RONは丁度20€でどっちもどっちだけどSuceava駅からバスかタクシーでの移動の手間を考えるとやっぱりバスかな。スチャバTrainStation南300mのCarrefourスーパーマーケット駐車場南側で朝8時から開店している大きな倉庫みたいな洋服雑貨屋で浙江省出身の店長と話をしたり、暇つぶしを旅の醍醐味と言うなら列車かも。一応夜行だから一晩分の宿代が浮いてます。Every Subway Station in Bucharest is closed after 23:30.何故かブカレストの地下鉄では片道チケットの販売が存在しなくて往復チケット5Leiしか買えず、片道2kmだけだったらTAXIの方が安くなるかも。

Suceava駅(one stop before of Suceava Nord)からTaxiで10Lei程度でSuceava Bus terminal to go to Chernovtsy。Lidlスーパーマーケット前のバス停&TAXI乗り場からは7Lei約180円だった。
どうやらタクシーの運転手も秘密にしたいらしいこのバスターミナルの場所。
Calea Unirii通りからStrada Petru Rares通りへ右折すると300m程で左にExchange換金所が5つ以上(UAHはルーマニアでは換金禁止の模様でWe can’t exchange UAH in Romania at all while I could exchange in Poland)、右にVegetableMarketがある。そこから100m先のStrada Vasile Alecsandriでturn leftするとChernivtsiやBucharest行きBusterminal。

TasaBusTerminalでGoogleMap検索すると別の場所に見えるので、Strada Vasile Alecsandri通りに有る教会Biserica Armeneasca. Sfânta Cruceの隣と言えば良い。
Next to Bus terminal

Exchange offices are about 200m from each bus terminals in Suceava and Chernivtsi. Exchange offices and Bus stop to go to city center(BusNumber1and3) are 250m Northern side of Chernivtsi Bus terminal. from there, only 2UAH≒€0.07≒JP¥10 to Pink Church and train station by bus.

本当に、UAHの表示が全く無いSuceavaのExchangeOffices, opposite side of vegetable market.

この野菜市場の名前でGoogleMap検索するとまた別の場所が見られるので、駅からはCalea Unirii通りを曲がりくねりながら南下してくださいと言うしか無い。英語が出来るドライバーも少なくて、Lidl前ではスーパーマーケットで買い物をしている間にわざわざ英語が出来るドライバーを呼んでくれたみたいだったんだけど。外国人は地図を描いて出掛けるべし。International Public Bus Departing Time from Suceava to Chernivtsy is 13:00 except Sunday(12:00).

チェルニブチの国際線時刻表。一番上の2つがルーマニア行き。去年は見られなかったブカレストへ直接行っちゃう公共バスが発生し、スチャバ発のブカレスト行きバスが減った模様。今日はもうブカレスト行きのバスは無いよ、と言われたら列車にするかスチャバに泊まるか。SuceavaBusTerminalのPublicToiletは1RONで、地元の人はバスの陰で済ませるので少々臭う。管理人がいない時には男子トイレにしか入れない。去年チェルニブチの民族博物館へ行った時に穴を掘っただけの本物の旧式トイレに入ったけど、真面目にチーズの臭いしかしなかったよ。From Chernivtsi to Bucharest:570UAH, From Chernovtsy to Suceava:205UAH by public bus.

Immigration check at border is easear than between Ukrain and Poland. We didn’t go out from bus, immigration police came into bus and asked somewhat purpose to go to Ukeaine or where is next destination after Ukraine etc. only checked foreigners hand bags during stamping on passports in immigration office while all luggages must be checked(but without X-ray scan) when we go into Romania from Ukraine.

Advertisements

Atlassib

ATLASSIB  from MADRID to Bucharest

ZaragozaとBarcelonaで沢山の客を乗車させ、フランスではずっと海岸沿いを走り、イタリアで内陸な感じに成ってSloveniaに入る。Hungaryからルーマニアでは午前10時に国境審査。バスのトイレが壊れていてほぼ1時間毎に給油所&コンビニのトイレに寄るのだけれども、夜もいちいち大声で何分停車するかアナウンスするから煩い。トイレ付きならそう頻繁に寄る必要も無い。

イタリアのATLASSIBバスターミナルが完全に撮影禁止で、外に撮影禁止マークは無かったけれども洗車中のバスを撮影しようとしたら係員に携帯電話を取り上げられ、係員が携帯電話をポケットに仕舞い込んでバスが出る迄見張っていた。アルゼンチンは絵画展示の国立美術館まで撮影可なのにイタリアは厳しい。撮影をregistrateと表現していたけれども、単なる記録をregisterと言う様で何がレジストレイトなのかと質問したら携帯電話を取り上げてしまったから、説明の余地無しでイタリアでは撮影が即ちレジストレイトである。しかしイタリア人は短気だな。

ルーマニアに入ったら道が悪くなって揺れが酷くなりEUとの違いを舗装に感じる。SuceavaとBucharestの到着予定時刻が2時間しか違わず、国境近くでバスを乗り換えるからほぼ同時到着が可能と言う話。アトラッシブは本当に沢山のルートを走っているから何処かで中継すれば何処にでも行ける感じがある。荷物は50㎏迄幾つでもOKでマドリッドのMendezAlvaroからブカレストのRahova迄80€。他のバス会社も似た様な値段で走っているし、ヤクザな感じだったけど無事に到着したから許す。

Exchange office in bus terminal near Romanian border

Piata Unirii in Bucharest
Near MegaImage

ピアタ・ユニリィにある2つの換金所を比べて見た所、上で日本円をRONに替えて下でルーマニアンLeiを¥に替えれば儲かりそうな気がした。手数料抜きで表示の通りに換金してくれるに違い無いけれども¥を持っていない事が悔やまれる。