旧blog 2

2015年4月28日火曜日

お詫び

母の友人が、文藝春秋社の「人間はすごいな」を母の代理で菊川市立図書館から借りて来て下さった。 もう1年以上前になるのだけれど。
その中から気になった部分を抜粋する。

「犬と棒」作者 楊逸
どうも日本人は犬に対して、中国の「イコール畜生」という罵倒的なイメージがなく、犬だと言われることに、まるで抵抗が無い様だ。(P.50)
「嘘ついたら針千本飲ます」と同じシチュエーションで、中国の子供は「嘘ついたら犬になる」と唄うのだ。(P.51)
犬に対してのあるまじき差別は、大陸だけでなく中華文化圏全体のものであろう。ある台湾の作家が、来世不幸にも犬に生まれなければならないなら、せめて西ドイツに生まれたいと言って、台湾人のみならず香港や台湾の人々も驚かせた。「丧家之犬」という熟語は、孔子の儒家思想よりも大陸を駆け巡り、俗人雅人問わず、気に入らない相手を攻撃する度、活用されてきた。(P.53)
「日月潭に沈んだ村」作者 坂野徳隆
日本人はもとあった日潭月潭という二湖の水位を20m上昇させたが、その犠牲になったのが、数百年以上湖畔で生活をしてきたサオ族の村である。
1934年6月30日、発電所の第一期竣工に合わせ、サオたちは卜吉庄(プージーザン:現在の日月村)へ強制移住させられる。それまで住んでいたのは現在のラルーという小島とその周辺だった。ラルーは祖先が眠る聖地で、水位上昇前は見上げるほどの大きな島だった。故郷を去ることに抵抗しても、最後には日本官憲に脅迫され移住は完了する。当時を知るサオの大老(88才)は「死ぬほど悔しかった」と唇を震わせながら、私に流暢な日本語で回想した。彼らは今も「プジ」の返還とそこへの故郷再建を求め政府と戦っている。戦後奪われた村の他の土地にしても同様だ。(P.70)

で、ReechoがUPした台湾の犬を見て「死ぬほど悔しい」思いを蘇らせる台湾人も多いんじゃないか、と。犬に対しての差別意識が無ければ良いけれども激しかったら大変だ。書き手にそのつもりが無くても読み手に感じられたらお終いである。
「日本人に対して反抗的」と言う表現も台湾人を見下している様に見えるかも知れないけれども、「日本に対して反逆的」では過激だと思って控えただけである。ただ読み手が見下していると感じてしまえばそれまでだ。
理解が無い思いやりに欠ける表現に不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げると同時に、今後も出る筈の不適切な表現を心配してしまう。個人の問題で済めば誤解されてもそれ程慎重に書く必要は無いと思っている関係上、これからも増える杜撰な表現についても併せてお詫び申し上げたい。

故郷に対する篤い信仰心で離れられない日本人も多いと思いつつ「死ぬほど悔しかった」思いを胸に故郷再建を目指すサオ族に、長い時間を掛けて故郷再建を目指して来たユダヤ人を重ねてしまった。

カトマンズでTibetFamilyGuestHouseのドミトリーに滞在中、同室にいた日本人女性がものみの塔の信者さんで、良かったら勉強しませんか?と誘われ計5時間程聖書について教えて頂いた。現在カトマンズで数十人の日本人がものみの塔の布教活動をしているそうだ。多くは学生ビザで滞在していて、留学にはネパール国内に一定額の預金が必要とか、旅行者も留学予定と言えば銀行口座の開設が可能とか、治安情報についても教えて頂いた。
悪魔に支配されているこの世がもうすぐ終わって神の言葉に従った者だけが生き残ると聖書に書かれていて、私たちは神の国の住人に成る為に聖書を学び実践しています、とおっしゃる。今は争いばかりだけれどももうすぐこの争いの世が終わって平和に成る、とShreeLalInnで同室だったユダヤ人も言っていた。人が皆死んでしまうのでは?と聞いたらそうでは無いと言う。ユダヤ人はユダヤ人だけが生き残ると信じていて、ものみの塔ではものみの塔の信者だけが神に選ばれ神の国に生きられると信じている。キリスト教では新旧約両聖書、ユダヤ教は旧約だけだが皆「聖書=神の言葉」の実践に熱心だ。
聖書に「世界が終わる」と書かれていれば何が何でも終わらせようとするユダヤ人の場合、旧約聖書が禁じている金利取りを始めた際には金利を取る相手は人では無いと解釈したらしい。神に背かずに生きるには金を貸す相手が人であっては成らなかったか、どうでも良いけど聖書では植物は生き物では無い事に成っている。

言葉で全てが表現出来るとは思えないし、人にしか分からない言語に拘るのもどうかと思うのだが、ともかく字面を追う事しか考えない人々には異次元なものを感じざるを得ない。お金に生かされお金の為に生きている、お金が全てだと思うならユダヤ人の操る言語がその人の命である。ほんのわずかでも神の言葉に背いたら死ぬ、と説くものみの塔の信者さんに、自分達が神だと言い自分達が創造した価値基準と言語に従わなければあっさり殺すユダヤ人の感覚を少々学べた気がした。価値を創造し従わせる事が許されるのは神だけだから、彼らは神であらねばならないのである。
イスラエル建国迄の長い間、聖書以外に拠り所が無かったユダヤ人がこの伝統的文化的強制から外れない限り、彼等の解釈による神の言葉の実践に全てが捧げられてしまう。
世界制覇と生きる技術の独占がユダヤ人によって成されている以上、悪魔に姿を変えながら帰郷を待ち続けた神々を、1匹の動物として祝福しなければならないかも知れない。地球脱出の噂もあったりして……。

神様、貴方の言葉を理解しようと思わない私をどうかお許し下さい。アーメン

2014年12月27日土曜日

道義的判断

以前国際紛争について書いた時に意味不明だった「懐疑主義者にとっては道義的判断には意味がない。」の意味が最近になって漸く分かるようになって来た。懐疑主義者は自分の感覚が全てで他のことが眼中に無いらしい。「もしかしたらそうかも知れない」或いは「絶対にそうに違い無い」取り敢えず自分に不愉快な(自分を恐怖させる)事柄を消し去るべく、自分が安心納得するまで手段を講じるのが懐疑主義者なのだ。有る意味で、懐疑主義者は他者の意見や客観的事実を無視した行動が多くて当たり前だ。この感覚第一主義の開き直りが「国際紛争」の著書の中で最も不可解な点だったのだが、今になって見れば著者が思い切りユダヤ系でコテコテの懐疑主義者だったのだから著者が分からない筈が無い。但し読み手には意味不明だった。

これまた最近、フリーライターで大学講師を務めている日本人に国際金融資本による世界覇権とSTAP細胞の隠蔽について、プロの間でどういう了解があるのか尋ねた所、直接お返事を頂いた訳では無いけれども、お上を批判したり日本の現状をえぐったりしたらアカ(非国民)だね、と言う反応が返って来た。それをやって権力者から消されたくなければやらないこと、ということで、良い教訓を頂いた。懐疑主義者が何を危険と感じて何を消すのか分かっていたら近付かない。簡単な事なのに道義的判断を持ち出して懐疑主義者を攻撃したりしてしまい。伝統的にも将来的にも覇権者が懐疑主義であり続ける限り、道義的判断が意味を持つことは無いのだから、覚悟して道義的思考を避けなければいけないと思った。神のまにまに。m(_ _)m

2014年12月18日木曜日

殺意。

大した恐怖を感じることも無くぬくぬくと生きて来た日本人には殺意が感じられない人が多い。自分自身が人を殺す想像をしたことが無い人も多いだろう。日本でFPSが流行らないのは架空の登場人物を操るのでは無くて自分自身が打つイメージが恐いからだ。他国の人々は自分自身が直接攻撃することに恐怖心を持たない人が多い。どれほど多くの人々が強い意志と殺意を持っているのか、日本人には実際に海外へ出て体感して頂きたい。2chで見たRecordChinaの記事より。

2013年3月7日、南方週末によると、中国の抗日ドラマに日本兵役で出演し、「悪役スター」として中国で一躍有名になった4人の日本人俳優が、その複雑な胸の内を語った。 矢野浩二、三浦研一、渋谷天馬、塚越博隆の4人は中国の抗日ドラマに出演し、一躍「悪役スター」となった日本人俳優だ。 矢野浩二は「日本鬼子(日本人、特に旧日本兵に対する蔑称)」を演じるために、大量の抗日ドラマや映画を見た結果、 中国人が求めているのは凶暴で残酷な日本兵だということが分かったという。 渋谷天馬は何度も日本兵役のオーディションに参加したが、「痩せすぎで、怖くない。日本兵に見えない」との理由で不合格になることが多かった。 あるドラマで雪中行軍の兵士を演じていたとき、馬から飛び降りて農村の娘を強姦する演技をしろと監督に言われたという。 「監督、それはあり得ないでしょう?こんなに寒いのに誰もそんなことしませんよ」と文句を言ったが、 「君は分かっていない。当時の日本兵はこんな風だったんだ」と監督は主張。仕方なく演技したが、とにかく寒くて凍えてしまったという。 三浦研一は何本かの抗日ドラマに出演して、「監督が欲しいのは本物の日本人ではなく、日本語のセリフが言える人だ」ということを痛感した。 塚越博隆も「監督が求めているのは凶暴な演技ができる役者」と話している。 抗日ドラマで日本兵役を演じるのに疲れた矢野浩二は、2008年からバラエティー番組の司会者を開始。 「鬼子」と呼ばれることは少なくなったが、どんなドラマであろうと、日本人の役は必ず最後に死んでしまうのが気になるという。 抗日ドラマのスタッフが「日本人が悪いことをしたのだからお前が代わりに謝れ」と言わんばかりの態度を日本人俳優にとることもある。 2009年、塚越がある村で捕虜になっているシーンを撮影中、地面に横たわって気を失った演技をしていると、 「この小日本鬼子め!」と叫びながら高齢の女性が突然襲いかかり、彼の首をしめた。 監督は最初、エキストラの女性が演技していると思ったのだが、塚越の顔色がおかしいのに気づき、あわてて女性を引き離したという。 この4人の日本人俳優は皆「悪魔のような日本兵など二度と演じたくない」と思っている。 三浦研一はある時、日本人留学生に「あんな日本兵の役を演じるのを少し控えてもらえませんか?日本人がみんなあんな風だと思われるので」と言われたことがあるという。

らしい。日本人として相当に甚振られて来た人間としては、似た様な体験をしている人を見つけられて嬉しい。日本人を殺す真似をしても殺人未遂の容疑で逮捕されたりしない。却って皆から称賛される。日本人は他国の人々からどれだけ憎まれているのか知らないし知ろうともしない。 反日テーマパークの記事も凄い。外国人の殺意に無関心な日本人には特に、殺されてざまあみろと思われていることを知ってもらいたい。日本人の残虐行為を指揮した総元締めが、今度は日本人の大虐殺を企てていることに恐怖し、かつてユダヤ人がそうした様に死ぬ気で逃げて頂きたい。日本人には恐怖心が足りない。おっとりのんきに幸せを享受する日本人がユダヤ人からどれほど忌み嫌われているか。日本人を全滅させたいと願う中国人を引き合わせて、実際に影の支配者が日本人を全滅に追い込みたがっていることを恐れさせたい。中国の反日映像を見ながら、何度生まれ変わっても日本人に復讐したいと願う他国の人々への理解を深めたい。

2014年12月6日土曜日

反日教育

昨日 YouTube黄金大劫案を見た。演員表を見ると日本人の名前があるのだが、山崎敬一が日本人らしくない。留学中に雲南師範大学正門横の清华书店で日本語の参考書を色々見たけれど、沢山の著者が日本人を名乗りながら余りにも日本語が可笑し過ぎ。本当に日本人なのか。中国の抗日戦争ドラマが楽しいと言うので試しに見てみたら(抗日奇俠,向着火炮前进)、確かに奇妙奇天烈でぶっ飛んでいる。抗日だったら検閲が緩くて人気も得易く、皆がお茶の間の人気者の真似をして都合良く日本人を淘汰出来そうな感じ、感覚が先走っているところがまた素晴らしい。中国で放送されるドラマの3分の1が抗日をテーマにしているらしいけれども、 X女特工や战火宾魂も戦闘シーンが派手だ。ガンシューティングゲームが日本で流行らないらしいが、留学中にルームメイトだったラオス人(軍人)は確かに好んで遊んでいた。実社会で恐い思いをしていると平和な日常を見せられても安らげないと言うか、今も戦闘状態な彼等と比べると日本人の平和ボケは痛い。

10年程前に上海の日本人外交官が自殺したのは、海南島のホテル廊下で中国の監視カメラが撮った不倫が原因だったとか。人の心も体も自由に操るインド人・中国人、大话天仙に出て来る宇宙人よろしくやること成すことIncredibleなんだけど、本人達にとっては当たり前のことを当たり前にやっているだけという話、ちょっとそちらの常識も覗かせて頂きませんと心の準備が出来かねます、ということで。そう言えばインドでは「ドラえもん」ののび太がしずかちゃんと仲良くする様子が変態的に映っており、日本は乱れた文化を流布する悪い国という先入観を持たれていて、何の文化も輸出していない韓国が随分得をしている印象を受けた。一般のインド人は、日中韓の芸能人をテレビで見たことが無い。(調べてみたら既に韓ドラ3本放映済みでしたが)

reechoが以前見た中国ドラマで最も心に残っているのは「养女」、上海のDVD路上販売店でどれが一番面白いか尋ねて勧められた。上海では地下鉄で日本人を承知で座席を譲ってくれるお姉さんがいたり、お釣り4元を两块钱两个(2元を2つ)とわざわざ言い換えて手渡してくれたり。昆明では有り得ない。内地出身者は乱暴で恐いぞ……。请你原谅我,野鸽子,大时代,步步惊情,浮沉,過去に遡ればまだ有るな。

どこまでを抗日と看做すのか分からないけれども、敌后便衣队传奇、抗战之敌后武工队、敌后武工队、铁血武工队传奇、武工队传奇、抗日ドラマの似た様な題名にも目が回る。それなりに吹き替えられている绝境生死、渋谷天馬の日本語が際立つ借枪、敢えて中国語の烽火双雄、日本語めちゃくちゃな绝战、ごちゃ混ぜな非凡英雄、盗火线、普通に中国語の铁血轻奇兵、满山打鬼子、抗日义勇军、错伏、日本語を話す場面が無い龙虎人生、潜伏、抗日ドラマは怖いけれども怖いことが常識の中国人が肝に銘じているものを頑張って見て行こうと思う。

2014年11月20日木曜日

同室のユダヤ人。

安宿ドミトリー生活を長らく続けている内に、知り合いと言えるユダヤ人はかれこれ7人に成った。彼等の特徴を総合すると、几帳面でプライドが高く、広い視野と強い排他性を感じさせることである。その土地で最低価格の宿に泊まるのだから大抵バックパッカーだが、人懐こく話し掛ける割には人に畏怖の念を懐かせることに熱心で対等に付き合う気配を感じさせない。そして自分が馬鹿にされるとかなり真剣に自分の偉大さを誇張する。自分は神だ!と叫ぶ感じが付き纏う。たった7人しか知らないのでこれがユダヤ人の典型だとは言い難く、知り合ったユダヤ人の全てが前もってreechoについて詳しく知っていたことを考えると、他の人に同様の対応をするとも限らない。

ただ馬鹿にされることへの恐怖心とナメた奴を許さない、と言う信念にはただならぬものがあり、やっぱり従わないとヤバいのじゃないか、と、漠然とではありながらユダヤ人への献身と服従を考えさせられて居たりなどするreechoである。

神様に逆らって良いことなんて何も無いよ、楽に生きたければ無理をしないことだね、ということで、かなり無理をする癖と言うか趣味と言うか、以前は命を掛けてでも無理をする予定とか言っていたreechoもユダヤ人に靡いてしまいそうで。何が自分の価値観なのか分からなくなるユダヤ人の洗脳政策がちょっと半端無くて恐ろしい。

そのうちにユダヤ人は神ですよ神!と言い触らしてユダヤ人に対する信仰を広めているのではないかと。今日は自分の誕生日。自己満足と自惚れが傍目にどれほど醜くても、そういう道に進みそうな自分が怖い。

11/24追加:BabyMetal‘s “Fox Sign” is also “Davil Horns”……皆様お揃いで悪魔の応援団であらせられ。お告げによるキツネ顔で見事LadyGagaと同じ土俵に。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s